当店印鑑価格は税込、印材、彫刻料、ケース代含みます

土日も当日お渡し対応しております

浦和 印鑑 実印 銀行印 特価品
浦和 実印 銀行印 認印 リーズナブル

印鑑について

印鑑は、日本で生活するには絶対の必需品です。銀行の口座開設、家や車を購入する時、結婚や出産、人生の節目で必ず必要となります。

用途や印材の材質、印鑑をお彫りする時の印影書体等、お客様のお好みにあわせてお選びいただけます。 

 

実印や認印の普及

明治6年に発せられた太政官布告には、実印が捺されていない公文書は裁判において認められないことが明記されており、法的にも実印の重要性が確立。これを受けて、広く実印や認印が普及していきました。


また、政府は、同時に欧米のサインも併用していこうとしました。しかし、この試みは日本の社会に馴染まず、経ち切れになり印章を最重視する社会的慣習が完全に定着しました。

 

印章(印鑑)は判とも称されますが、これは判決書に印章が捺されたためです。また、ハンコは「判行」から転じたものといわれています。世界的には数千年の歴史を刻む印鑑は、日本においても古代から継承されてきたものであり、そこには人間の英知が時を超えて深く息づいているのです。

 

 

印鑑の選び方

徳川家康の印鑑
徳川家康の印鑑

現代においても、印鑑は、「自らの証」を表すもので、社会人として人生をスタートする時や、結婚という人生における新生活のスタートをする時には必ず必要となります。

 

印鑑は「個人の象徴、人生そのもの」なのです。

「朱肉をつけて捺印するだけ 」のツールではありません。

 

特に実印や銀行印は、一生に幾度も造るものではないので、「人生の目標」を設定して「思い入れ」を込めて、現物に触れ、印材やサイズ、書体を選択してつくることが、人生において後悔しない印鑑のつくり方ではないでしょうか。